中絶の慰謝料請求

かつては慰謝料を請求できなかった

婚約男女

妊娠したものの、何らかの事情で中絶せざるを得ないことによって、女性に精神的・身体的損害が生じることに誰も異論はないと思います。

精神的苦痛

となると、そのような精神的・身体的損害に対する慰謝料が認められても良いとも思えます。

しかし、以前は妊娠・中絶して女性が精神的・身体的損害が生じたとしても、女性から男性に対する慰謝料の請求は難しいとされておりました。
なぜなら、男女が合意の上で性交渉を行い、その結果妊娠・中絶に至ったからです。

男性の私から見ても理不尽な話です!

ポイント

ここがポイント!


中絶による慰謝料請求は難しいとされていた。

婚約破棄との関係

指輪

当事務所では多くの婚約破棄に関するご相談を受けてきましたが、それに関連して中絶せざるを得なくなったご相談も多数ありました。
というのも、妊娠が発覚したことによって婚約を解消しようとするバカ男がそれなりの割合でいるからです。

そうなると、シングルマザーとして子供を育てるか、あるいは中絶という選択をするしかなく、一定割合の女性はやむなく中絶を選択したわけです。

婚約が成立している事例

このような場合において、その男女間に婚約が成立している事例であれば、中絶によって受けた精神的損害を婚約破棄に伴う慰謝料に増額という形で請求できました。

婚約が成立していない事例

しかし、婚約が成立していないと考えられる事例も多々ありましたので、そのような場合は慰謝料請求が難しい旨をお伝えせざるを得ませんでした。

なお、どのような場合に婚約が成立するかについては、→こちらの婚約の基礎知識をご確認ください。

慰謝料が認められた裁判例

裁判所

しかし、平成21年10月15日に東京高等裁判所で中絶に関連した慰謝料が認められる判決が出たのです。

この裁判例は結婚相談所を介して知り合った男女が交際し、合意の上で性交渉を行い、妊娠・中絶した結果、114万2302円の支払いが命じられた事案です。

認められた理由

六法

裁判所は、中絶は主に女性に精神的、肉体的な苦痛や経済的負担を与えるものであるので、男性はこれらの不利益を軽減又は解消するための行為を行う義務があるにも関わらず、男性がその義務を履行していない、あるいは女性と等しくこれらの不利益を分担しないことは、法律上保護される利益を違法に害するものとして、不法行為としての評価を受けるため、慰謝料を含めた損害賠償が認められました。

裁判所の言うことですので小難しい表現が使われていますが、簡単に言うと、女性の受けた苦痛は、男性が軽くするか一緒に負担しろということです。

認められた項目と金額

慰謝料200万円

治療費等68万4604円

男性の負担はこの慰謝料と治療費等を併せた額の半分とされました。
したがって、慰謝料と治療費等を併せた268万4604円の2分の1で134万2302円です。

弁護士費用10万円

上記慰謝料と治療費の半分に弁護士費用10万円を加えて144万2302円から、中絶手術費用として男性が出した30万円を控除した114万2302円が認められました。

中絶したこと自体の慰謝料は認められない

上記裁判例において認められた慰謝料は、あくまでも男性が女性の精神的、肉体的な苦痛や経済的負担を軽減又は解消するための行為を行う義務を果たさなかったことが理由です。
したがって、中絶をしたこと自体の慰謝料(中絶手術に伴う精神的、肉体的苦痛に対する慰謝料)は認められていません。

となると、仮に中絶したとしても、男性が真摯に中絶と向き合い、女性の苦痛を軽減又は解消する努力をしていたのであれば、慰謝料の請求は難しいとなるでしょう。

ポイント

ここがポイント!


中絶したこと自体の慰謝料は認められないが、男性が中絶に伴う女性の精神的・肉体的な苦痛や経済的負担を軽減・解消するための行為を行う義務を果たさなかった場合には、慰謝料請求が認められることがある。

婚約が成立していなくても慰謝料請求できる?

中絶による慰謝料請求の問題は、婚約の成立・不成立とは直接関係ありません。
そうすると、婚約が成立しておらず、中絶という事情もない場合は、一切の慰謝料請求ができないということになるのでしょうか?
それについては→次のページ(貞操侵害による慰謝料請求)で説明しています。

お役立ちコンテンツの関連記事

婚約が成立していなくても請求できるの?

既婚者との婚約は成立するの?

内縁解消で請求できるの?

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ