配偶者と離婚して不倫相手と結婚する約束の有効性

婚約に該当するか?

謝罪

男性が既婚者、女性が未婚者という不倫関係の場合、その既婚者の男性が「妻とは家庭内別居状態でうまくいっていないから、そのうち妻と離婚して君と結婚する」などと言うことは非常によくある事例です。

そして、そのような言葉を聞いた女性はいずれ結婚できるものだと信じて、不倫・浮気関係を継続することも多いようです。

同じ男性として、このようなことを言う男性はそもそも信用に値しません。
また、いくらイケメンだとかお金持ちでもロクでもない男であると思います。
絶対に友達になりたくないタイプですね!

疑問

しかし、そのことはひとまず置いておき、このような結婚の約束は有効なのでしょうか?
この二人の間に婚約は成立しているのでしょうか?

日本の法律は一夫一婦制で、二人以上の異性と結婚する重婚というものは明確に禁止されています。

法律

ですから、配偶者がいるのに他の異性と結婚の約束をしたとしても、その約束は公序良俗に反して無効です。

つまり、原則として配偶者と離婚して不倫相手と結婚するという約束をしても、婚約が成立することはありませんし、その約束を一方的に破棄されたとしても、慰謝料などの損害賠償請求はできないことになります

それどころか、逆に不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性すらあります……

ポイント

ここがポイント!


不倫相手と結婚を約束していても、原則として婚約は成立しない。

約束が有効な場合

上記のように、原則として配偶者のある者が配偶者以外の異性と結婚の約束をしても、それは公序良俗に反して無効であり、婚約が成立することはありません。

しかし、例外的に有効に婚約が成立する余地もあり得ると考えられます。

婚姻破綻

それは、その不倫相手夫婦の婚姻関係が完全に破綻している場合です。

不倫相手夫婦の婚姻関係が完全に破綻している状態とは、長期間別居していて、夫婦双方が離婚に合意しているものの、離婚条件等折り合いがつかず、離婚届の提出がなされていないような場合です。

逆に、夫婦間が不仲であるとか、寝室を別にしているとかの家庭内別居程度であれば、婚姻関係が完全に破綻しているとは言えません。
婚姻破綻の詳細については→こちらの婚姻破綻とはを参考にされてください。

ポイント

ここがポイント!


不倫相手夫婦の婚姻関係が完全に破綻していた場合は、例外的に婚約が成立する余地がある。

慰謝料請求

前述のように、不倫相手夫婦の婚姻関係が完全に破綻しているのであれば、例外的に婚約が成立する余地があります。

婚姻届

そして、婚約が成立した場合には、互いに誠意をもって交際し、婚姻届を提出して、やがて夫婦としての共同生活を始められるように努力する義務が生じます。
詳しくは→こちらの婚約の基礎知識を参考にされてください。

また、このような義務に違反した場合、つまり正当な理由なく婚約を破棄・解消した場合には、慰謝料等の損害賠償請求が可能となります。
詳しくは→こちらの婚約破棄の慰謝料を参考にされてください。

ちょっと一言

これは私の個人的な意見です。

上記のように「妻とはうまくいっていないから、妻と離婚して君と結婚する」というようなことを言う男性は信用に値しませんし、いくらイケメンでお金持ちでもロクでもない男であると思います。
そのため、さっさと不倫関係を清算したほうがいいと思います。

なぜなら、本当にその相手の人を大切に考えていて、結婚したいと思っているならば、不倫関係が発覚したときに配偶者から慰謝料を請求される立場にその相手を置くことなく、配偶者と離婚してから交際するはずだからです。

離婚もせず、ダラダラと不倫関係を続けていることは、結局その相手の人のことを真剣に考えていないのでしょう。

ポイント

ここがポイント!


ダラダラと不倫関係を続けている人は、相手のことを真剣に考えていない。

不倫問題の具体的な解決手順

ここまで不倫に関連するいろいろな問題について説明してきましたが、具体的に不倫問題はどのようなステップで解決していけば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(不倫解決チャート)で説明しています。

お役立ちコンテンツの関連記事

婚姻破綻とはどのような状態?

過去の不倫はどう扱われるの?

元不倫相手に請求できるの?

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ