別れた不倫相手への慰謝料請求

元不倫相手・浮気相手への請求

謝罪

疑問

「不倫相手・浮気相手から一方的に関係を解消されたことによって精神的苦痛を受けたのですが、私から不倫相手・浮気相手に慰謝料請求はできるでしょうか?」というご相談が当事務所にはよく寄せられます。

お話をお聞きすると、未婚の若い女性が不倫相手の男性に対して「私は何年も尽くしてきたのに、一方的に関係を終わらされた」「あれだけ甘い言葉をかけてきていたのに、結局は奥様を選んだ!」というような主張が多いです。

後悔

特に若い未婚女性からしてみれば「一方的に関係を終わらせるなら、今までの時間を返して」という気持ちになるのかもしれません。
確かに、男性である私であっても何となくではありますがその気持ちが分かるような気がします。

そして、そのような気持ちが「一方的に関係を終わらせるなら、お金(慰謝料)を払ってほしい」という気持ちに変わるようです。

請求の可否

疑問

では、不倫相手から一方的に関係を解消されたことによって精神的苦痛を受けた場合、慰謝料の請求は可能なのでしょうか?

相手を不倫関係に巻き込んでおきながら、一方的にその関係を解消するような酷い男に慰謝料を請求できるのは当たり前だ!というのが一般的な感覚だと思います。

原則

しかし、結論から言えば原則として慰謝料の請求は不可能です。

請求できない理由

法律

その理由は、不倫関係は法的保護に値しないからです。

具体的には、そもそも不倫関係というのは、基本的に他方の配偶者(不倫された配偶者)に対する不法行為に該当するものであります。
それにも関わらず、このような不倫関係が解消されたことに対して法的保護(慰謝料請求権を生じさせること)を与えてしまうと、それは世の中の秩序や道徳に著しく反する(公序良俗に反すると言います。)ことになるからです。

ポイント

ここがポイント!


不倫関係は法的保護に値しないので、原則として不倫相手への請求はできない。

例外

上記のように、不倫関係は法的保護に値しませんので、原則として不倫をした当時者から不倫の相手方に対して慰謝料請求はできません。

しかし、「原則として」ということは「例外」があります。

例えば、不倫相手から暴力を受けていた、肉体関係を持ったことによって性病をうつされたなどの場合は、不倫をした当事者から不倫の相手方に対する慰謝料請求は可能です。

慰謝料

ただし、そのようなに慰謝料を請求できる場合であっても、不倫相手の夫婦関係が破綻していない段階において、不倫相手を既婚者と知りながら肉体関係を持ったのであれば、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性は否定できません。

つまり、確かに元不倫相手に対して慰謝料を請求できる余地があります。
しかし、元不倫相手の配偶者からも請求を受ける立場にあります。
そうすると、実際は手元にお金が残る可能性は低いのです。

ポイント

ここがポイント!


不倫中に暴力を受けていたとか、性病をうつされたという事情があれば慰謝料請求はできるが、不倫相手の配偶者からも請求を受ける可能性がある。

不倫相手との間に婚約は成立する?

以上のように、基本的には元不倫相手に対する慰謝料請求は難しいです。しかし、不倫中に「妻と離婚したら結婚しよう」というような約束が交わされることは多々あります。
このような場合、不倫相手と結婚の約束をしていた場合、婚約が成立していたと言え、婚約破棄として慰謝料請求をできないのでしょうか?
それについては→次のページ(配偶者と離婚して不倫相手と結婚する約束の有効性)で説明しています。

お役立ちコンテンツの関連記事

婚姻破綻とはどのような状態?

過去の不倫はどう扱われるの?

不倫相手との結婚の約束は有効?

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ