不倫の誓約書

誓約書の要求

謝罪

不倫・浮気が発覚した場合、慰謝料を請求されるだけでなく、様々な要求をされることがあります。
その中でも多い要求が、謝罪文と誓約書の提出です。
謝罪文については→こちらのページで説明しておりますので、ここでは誓約書について説明します。

→こちらの請求額に異議がある場合に記載しておりますように、誓約書を要求してもすぐに出せることはまずないことが一般的です。
そのため、当事務所が請求のお手伝いをする際には、このような誓約書を要求することはありません。
しかし、請求を受けた方の書面を拝見すると、オーソドックスな文例として以下のように誓約書を要求されていることがよくあります。

  • ※誓約書を要求する文例
  • 以後夫(妻)と一切の接触をしない旨の誓約を、自署した文書にて提出してください。

なぜ要求するのか

疑問

では、なぜ請求者はこのような誓約書を要求するのでしょうか?

これは、自身の夫(妻)と今後不倫・浮気関係は当然のことながら、それ以外の電話・面会・LINEなどでも接触してほしくないという思いから、それを書面で約束してもらいたいためです。

要求されたことによって分かること

そして、自身の夫(妻)と今後不倫・浮気関係は当然のことながら、それ以外の電話・面会・LINEなどでも接触してほしくないという思いを持っているということは、夫婦が今後も婚姻関係を継続していく予定であることを意味します。

その理由のひとつは、その夫婦が離婚する予定であるならば、離婚後に夫(妻)がどこの誰とどのような関係になろうが知ったことではないからです。

六法

また、もうひとつの理由としては、このような要求をできる根拠は、妻(夫)として平穏な婚姻生活を送る権利を守ることにあります。
しかし、夫婦が離婚するのであれば、妻(夫)として平穏な婚姻生活を送る権利は既になくなっているから要求自体ができないからです。

つまり、請求書面に「貴殿の不貞行為によって婚姻関係が破綻した」などと記載されていると、どうしてもその夫婦は離婚すると考えてしまいがちであります。
しかし、それをそのまま鵜呑みにすることなく、その夫婦は婚姻継続をするという前提で対処法を考えていけば良いのです。

ポイント

ここがポイント!


誓約書を要求された場合、その夫婦は婚姻継続をするという前提で対処法を考えていけば良い。

出して良いのか

疑問

では、要求された誓約書を要求通りに提出して良いのでしょうか?

これは場合を分けて考える必要があります。

請求額に異議がある場合

慰謝料

減額要求が出てくることを見越して、慰謝料を請求するに際しては、一般的に相場よりも多めに請求することが多いです。
そうすると、請求された側からすれば、請求額に異議がある(減額をお願いしたい)ことが通常です。
そして、このように減額をお願いしたい場合は、すぐに誓約書を出すべきではないと言えます。

例えば、その事例における一般的な慰謝料額は100万円であるのに、200万円を請求された場合、請求された人からすれば100万円程度まで減額してもらいたいと考えるでしょう。

このときに減額を求めるために、求償権を行使しないことを約束するという方法があります。

具体的には、「奥様が請求されている200万円を私が支払えば、後日ご主人の負担分である100万円を私からご主人に請求することになりますが、それを奥様はお望みにならないと思いますので、私の負担分である100万円だけで解決したい」と持ちかけるわけです。

怒る女性

なお、この求償権を行使しないことを約束する方法は、正確に主張しなければ相手方を怒らせる可能性がありますので注意が必要です。
より詳しくは→こちらの求償権に関する間違った主張を参考にされてください。

そして、そのような持ちかけに請求者が応じてくれない場合は、一旦支払った後に実際に求償権を行使することも検討しなければなりません。

それにも関わらず、元不倫相手と一切の接触をしない旨の誓約をしてしまっては、求償権の行使ができないわけです。

したがって、請求額に異議がある場合は、すぐに誓約書を出すべきではないのです。

ポイント

ここがポイント!


請求額に異議がある場合は、すぐに誓約書を出すべきではない。

請求額に異議がない場合

逆に、あまりないパターンではありますが、慰謝料として200万円と、誓約書を要求されており、請求された200万円という金額に異議がなく、全額を支払おうと考えているのであれば、誓約書を出しても問題ありません。

減額を求めたい場合、誓約書の要求にどう対応するか

疑問

では、慰謝料の請求と同時に誓約書を要求されたところ、請求額に異議があって減額を求めたいのであれば、誓約書の要求にはどのように対応すれば良いのでしょうか?

例えば、慰謝料として200万円と誓約書を要求されているものの、慰謝料は100万円で解決したいというような場合です。

最終的には応じざるを得ない

まず、「私は慰謝料を請求されようが、相手方の家庭がどうなろうが、そんなことは関係なく今後も不倫関係を続けるのだ!」という少々頭のおかしい人(意外と多いのですけどね……)を除けば、相手方夫婦が今後も婚姻関係を継続をする以上、最終的には「一切の接触をしない旨の誓約」自体には応じざるを得ません。

なぜなら、請求者にとってその点は絶対に譲れない要求であるため、「一切の接触をしない旨の誓約」に応じなければ和解は望めないからです。

慰謝料

また、仮に誓約書の要求に応じずに慰謝料を支払って表面的には解決できたとしても、その慰謝料はあくまでそれまでの不貞行為に対する慰謝料です。
そのため、慰謝料支払い後に再度不貞関係を持ってしまえば、また慰謝料を請求される結果となります。

そうすると、結局のところ、誓約書を出そうが出すまいが、お金を湯水の如く支払っても構わないと考えている人を除き、現実問題として元不倫相手との関係を断たざるを得ないことになります。

解決時に誓約する旨を約束する

しかし、前述のように、解決結果の内容によっては求償権の行使も検討せざるを得ない場合には、慰謝料を請求された時点で誓約書を提出するわけにもいきません。

そうすると、方法はひとつです。

示談書

結論としては、解決時に作成される示談書(合意書・和解書)において「一切の接触をしない旨の誓約」をすることを最初の回答の際に約束するのです。

この方法であれば、仮に求償権を行使せざるを得なくなった場合でも対応できます。
また、最終段階ではあるものの請求者の要求にも応じることを約束するわけですから、請求者としても受け入れてくれるのが通常です。

なお、実務上、誓約書単体を提出するということはあまりなく、誓約書に請求者が記載してほしい内容を示談書(合意書・和解書)の中に盛り込むことが通常です。

ポイント

ここがポイント!


一切の接触をしない旨の誓約は、解決時に作成される示談書において誓約することを約束する。

誠意の連呼にはどう対応する?

上記のように誓約書はすぐに出せないことが通常なのですが、きちんと謝罪したうえで、誓約書をすぐに出せない旨を説明しても、中にはおかしな人もいます。たとえば、きちんと謝罪もし、また相場の慰謝料の支払いを提示しても、「誓約書をすぐに出せないのは誠意がないからだ!」などと言い続けるなどです。
このように、誠意がないと連呼する相手にはどのように対応すれば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(誠意がないと連呼する不倫慰謝料請求者への対応)で説明しています。

請求された人の人気記事

慰謝料は分割払いにできるの?

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

なぜ私だけが請求されるの?

妥当な慰謝料額をどう伝えればいいの?

請求された後に不倫相手と接触していいの?

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ