誠意がないと連呼する不倫慰謝料請求者への対応

慰謝料を請求された場合の誠意とは

謝罪

不倫・浮気の慰謝料を請求された人は基本的に加害者です。
そのため、被害者に対して誠意をもって対応し、不倫問題の解決に向かうことが道義的に、また常識的に考えても人として当然と言えるでしょう。

疑問

では、誠意をもって対応するとは、どのような対応を指すのでしょうか?

人によって「誠意」の定義は様々だとは思います。

謝罪

しかし、この場合(慰謝料を請求された場合)における誠意とは、謝罪すべきことはしっかりと謝罪し、妥当な慰謝料を支払うということです。

つまり、決して請求者の言いなりになって、全ての要求を受け入れるということではないのです。

例えば、ある事例における一般的な慰謝料額が100万円だったとします。
この場合において、相場よりも低額である30万円や50万円の支払いを提示することは、誠意がある対応とは言えないでしょう。
また、「お金は払うけど謝罪するつもりはない」という態度も誠意がある対応とは言えないでしょう。

一方で、きちんと謝罪し、妥当な慰謝料額である100万円程度を提示することは、常識的に考えれば誠意ある対応と言えると思います。

ポイント

ここがポイント!


誠意ある対応とは、謝罪と妥当な慰謝料額を支払うことであり、相手の要求を全て受け入れることではない。

誠意を連呼する慰謝料請求者

しかし、慰謝料請求者の中には、加害者は全て被害者の要求通りにすることが誠意と考える人もいます。

例えある事例における一般的な慰謝料額が100万円だったとしても、自分が300万円請求しているのだから、加害者はそれに応じて、素直に満額支払うことが誠意だという具合です。

怒る女性

そして、そのような請求者が自分の意に沿わない(要求通りではない)回答を受けた際に決まって連呼するのは「誠意がない!」という文言です。

加害者がその事例と似通った裁判例などを出したうえで、どれだけ理詰めで主張を伝えても、相場よりいくらか高い金額を提示しても納得しません。

なぜなら、請求者としては誠意を求めているつもりなのかもしれませんが、それは誠意などというものではなく、自分への絶対的な服従を求めているので、「自分の要求に従わないこと」=「誠意がない」からです。

ポイント

ここがポイント!


自分の要求を全て受け入れることが誠意と考えている人もいるが、それは誠意ではなく服従。

対応方法

このような誠意を連呼しながら自身への絶対的な服従を求めている請求者に対しては、上記のように理詰めで主張を伝えようが、相場より高額の慰謝料を提示しても納得しませんから、不倫問題を解決させる方法はふたつしかありません。

請求者の全ての要求を受け入れる

ひとつの方法は、請求者の全ての要求を受け入れることです。

金銭的に受け容れることができる範囲であるとか、どうしても訴訟等を避けたいという事情があるのでしたら、何となく腑に落ちないかもしれませんが、このような解決策を検討する余地もあるでしょう。

訴訟を希望する

裁判

もうひとつの方法は、訴訟にしてもらうことです。

たしかに、不倫問題が訴訟等に発展するということは、お互いに時間と費用がかかるので一般的には好ましくありません。
しかし、このまま当事者間でやり取りしても解決は望めません。
また、きちんとした謝罪と妥当な慰謝料額を提示しているのであればそれまでに十分な誠意を見せていると言えます。
そこで、後は妥当な解決方法を第三者である裁判所に導いてもらうしかないでしょう。

怒る女性

加害者の側から訴訟にしてほしい旨を伝えると、また「誠意がない!」と言われるのでしょうけどね……

なお、これらに関連することとして、→こちらの無茶苦茶な要求をする不倫慰謝料請求者への対応→こちらの慰謝料額を合意に至らせる魔法の言葉も参考にされてください。

必ずしも訴訟になるとは限らない

もっとも、このような誠意を連呼する請求者に対して、訴訟での解決を希望する旨を伝えたとしても、必ずしも訴訟になるとは限らないです。

というのも、そのような請求者は専門家に相談することなく請求をしているからこそ、「誠意だ!」「相場なんて関係ない!」「裁判例?知ったことじゃない!」「人と人との話だ!」などと意味不明な文言を連呼するわけです。
ところが、日本の民事訴訟は弁護士に依頼しないで自力で行う本人訴訟が原則であるものの、実際に訴訟を起こすとなれば、基本的には弁護士に依頼しなければその遂行は困難です。
特に、誠意を連呼するような人は、全く法律知識がないでしょうから、なおさら弁護士が必要となります。

六法全書

そして、そのような人が訴訟を起こすために弁護士に相談しに行った場合、「いやー、あなたの要求は訴訟をしても通りませんよ」とアドバイスを受けることになるでしょう。

その結果、やっと自分が無茶苦茶なことを主張していることを理解して、要求を譲歩して訴訟によらない当事者間での和解の道を探ろうとする可能性があるからです。

ポイント

ここがポイント!


あまりに誠意を連呼する請求者に対しては、訴訟にしてもらうことも検討すべき。

転居や退職を要求されたらどうすれば良い?

「誠意がない!」と連呼するだけでなく、無茶苦茶な要求を執拗に続ける人もいます。たとえば、転居や退職など、法的には認められない要求をするわけです。
それでは、このような転居や退職などの無茶な要求をしてくる人には、どのように対応すれば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(無茶苦茶な要求をする不倫慰謝料請求者への対応)で説明しています。

請求された人の人気記事

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

なぜ私だけが請求されるの?

妥当な慰謝料額をどう伝えればいいの?

不倫の謝罪文とはどのようなもの?

請求された後に不倫相手と接触していいの?

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ