慰謝料額を合意に至らせる魔法の言葉

不倫・浮気の加害者であることを忘れずに

謝罪

原則として、不倫・浮気の慰謝料を請求する人は不倫の被害者、慰謝料を請求された人は不倫の加害者という構図になります。

六法全書

もっとも、そもそも相手方と肉体関係を持っていないことから法律上の不倫・不貞行為には該当しないとか、相手方を既婚者と知らず、知らなかったことに過失もないので、法律上の損害賠償義務が生じないと考えられるような場合は別です。
このような場合は、請求している人は被害者ではありませんし、請求されている人は加害者ではありません。

なお、どのような場合に法律上の不倫・不貞行為に該当するかは、→こちらの不倫の基礎知識を、またどのような場合に慰謝料が発生するかは、→こちらの不倫の慰謝料を参考にされてください。

そのため、不倫・浮気の慰謝料を請求された人は、自身が加害者であることを忘れることなく、極力低姿勢で、誠意を持って解決に向かうべきであるとは言えるでしょう。

なお、→誠意がないと連呼する不倫慰謝料請求者への対応で説明しましたように、ときどき誠意の意味を履き違えている被害者がいます。
「誠意を持って解決に向かう」とは、全て請求者の要求に従うことではなく、「謝罪すべきことはしっかりと謝罪し、妥当な慰謝料を支払う」ということです。

ポイント

ここがポイント!


基本的には誠意をもって不倫問題の解決にあたるべき。

不倫のモンスター被害者

謝罪

しかし、中にはどれだけしっかり謝罪したとしても、妥当な慰謝料額を提示したとしても、自分の要求に全て従わなければ「誠意がない」と連呼する不倫のモンスター被害者とでも名付けたくなるような人もいます。

あるいは、→無茶苦茶な要求をする不倫慰謝料請求者への対応にありますように、退職、転居、親からの謝罪、病院での検査など、無茶苦茶な要求をしてくる人もいますが、ここでは金銭面に絞って、法外な慰謝料を請求し続けるモンスター被害者と慰謝料額が合意に至らない場合の最終手段について説明します。

魔法の言葉

例えばその事例における妥当な慰謝料額が100万円であったとします。

慰謝料

不倫の慰謝料を請求された側はしっかりと謝罪をし、妥当な慰謝料額である100万円程度を提示しているとしましょう。
ところが、何度書面をやり取りしても請求者は300万円から一切の譲歩をしてくれないような被害者もいます。
このような被害者に対しては、最終手段として以下の様な魔法の言葉を使えば、一気に解決することがあります。

それは……

「私が支払うことができる慰謝料は100万円までですから、その額で和解に応じていただけないのであれば訴訟による解決を望みます」

裁判

この最終手段の魔法の言葉によって、請求者も冷静になって(勝ち目がないことを悟って)、訴訟をすることなく、妥当な範囲内の慰謝料額で不倫問題が解決した事例が多数あります。

というのも、そのような請求者は専門家に相談することなく請求をしているからこそ、法律的な観点からは勝ち目のない主張を延々と繰り返しているわけです。
ところが、実際に訴訟を起こすとなれば、現実問題としては弁護士に依頼することになるのが通常です。

そして、そのような人が訴訟を起こそうと初めて弁護士に相談した場合、要求が通り難いことを説明されて、妥当な慰謝料額での解決をするようアドバイスを受ける可能性があるからです。

もちろん、可能性は低いのですが、本当に訴訟に発展する危険性もありますので、使う際には非常に勇気を必要とする文言です。

ポイント

ここがポイント!


相手がモンスター被害者の場合は、訴訟による解決を望むことを伝える。

使う際の注意点

「私が支払うことができる慰謝料は○万円までですから、その額で和解に応じていただけないのであれば訴訟による解決を望みます」と言ったところで、本当に訴訟を望んでいるわけではなく、あくまでも「妥当な慰謝料額である○万円で解決してください」という意図で使う必要があります。

そのため、どの状況でこの魔法の言葉を使うかは非常に重要です。

謝罪をした後に使う

疑問

例えば請求に対する最初の回答でこの言葉を使ったらどうでしょうか?

常識的に考えて、最初から不倫の加害者が開き直っているような態度を取れば、請求者は「はあ?だったら訴訟をやってやる!」という考えになると思いますので、しっかりと謝罪をした後に使うべきです。

となると、早くても3回目程度の回答のときではないでしょうか。

訴訟をしても自分の要求が通る場合に使う

例えばその事例における妥当な慰謝料額が100万円であったとします。

疑問

しっかりと謝罪したものの、支払うことができる額が50万円であるため、50万円の慰謝料での解決をお願いしたところ、何度書面をやり取りしても請求者は100万円から譲歩をしてくれないような場合、この言葉を使ったらどうでしょうか?

裁判

この場合、無茶苦茶な提示をしているのは慰謝料を請求されている側です。
また、請求者は訴訟をしたほうが経済的にメリットのある可能性が高いので、おそらく、訴訟に踏み切ると思われます。

つまり、訴訟をしても自分の要求が通る可能性が非常に高い場合に使うべきです。
言い換えれば請求者が無茶苦茶な額を提示してきている場合ですね。

感情論が繰り返されているときに使う

六法全書

最初から感情論を前面に押し出して慰謝料を請求してくる人はあまりおらず、民法がどうとか、判例がどうとか等、理詰めで攻めてきます。

しかし、理詰めではどうしようもなくなったとき、つまり、自分の言い分が法律的には通らないと悟ったとき、感情論を前面に押し出してくる請求者がいます。

例えば、最初は「民法第709条に基づき金○万円を請求します」と主張していたのに、途中から「私は法律や判例の話をしているのではなく、人と人としての話をしているのです」と主張し出した請求者がいました。

人と人としての話とは何のことかよく分かりませんが、要するに「判例など関係なしに私の請求した額を支払え」ということなのでしょう。

そして、慰謝料を請求された側がいくら理詰めで返答しても、上記のような感情論が延々と繰り返されるパターンになると解決は望めませんので、このような場合にも使うことを検討する余地はあります。

ポイント

ここがポイント!


魔法の言葉は、(1)謝罪した後(2)訴訟になっても要求が通る場合(3)感情論が繰り返されているときに使う。

無茶苦茶な示談書を提示されたらどう対応する?

示談書

もっとも、魔法の言葉を使うことによって慰謝料額が合意に至ったとしても、まだ安心できません。
なぜなら、モンスター被害者は、解決時に作成される示談書においても、やはりモンスター被害者だからです。

たとえば「一度メールをしたら2000万円」などの違約金が設定されている示談書を提示してくることがあるのです。
では、このような無茶苦茶な内容が記載されており、公序良俗に反して無効な示談書を提示された場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(公序良俗に反して無効な示談書を提示されたら)で説明しています。

請求された人の人気記事

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

なぜ私だけが請求されるの?

妥当な慰謝料額をどう伝えればいいの?

不倫の謝罪文とはどのようなもの?

請求された後に不倫相手と接触していいの?

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ