支払拒絶と崩し方

不倫相手の言い訳

喧嘩

慰謝料を請求された不倫相手・浮気相手は様々な言い訳をして、慰謝料の支払いを拒絶しようとするか、可能な限り減額しようとするものです。

ここでは、当事務所が経験した不倫相手の言い訳のうち、特によくある言い訳を紹介するとともに、その崩し方をご説明します。

ご主人(奥様)が誘ってきた

「私は何とも思っていなかったのに、ご主人(奥様)が誘ってきたのです。」という言い訳をする人は非常に多いです。

普通の感覚からすれば、一見、もっともであるようにも感じますね。

誘われたという主張が通用しないことを、判例を挙げて崩す

疑問

では、このような言い訳に対してはどのように対応すればいいでしょうか?

最高裁判所の判例に以下のようなものがあります。

  • ※最判昭53・3・30
  • 夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、他方の配偶者の夫または妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。

判例

この判例によりますと、故意または過失がある限り、不貞行為は違法性を帯び、被害者の精神的苦痛を慰謝すべき義務があるとしています。

そして、誘ったとか誘われたとか、お互いが自然に好きになったかは関係ないとしているのです。

誘われたとしても慰謝料は発生

怒り

したがって、この判例を挙げたうえで「たとえ夫(妻)に誘われたとしても、慰謝料は発生する」と返すことで、不倫相手の主張は崩せます。

ポイント

ここがポイント!


誘われて不倫関係になったとしても、慰謝料支払い義務は発生する。

婚姻関係は破綻していた

婚姻関係が破綻した後に行われた不倫の場合は、以下の判例の通り、不倫相手に対して慰謝料請求をすることはできません。

  • ※最判平8・3・26
  • 甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合においても、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、乙に対して不法行為責任を負わない

このような判例を調べたのだと思いますが、「不貞行為の時点で婚姻関係は破綻していた」という言い訳をする人もいます。

破綻していなかった事実を主張して崩す

疑問

では、このような言い訳に対してはどのように対応すればいいでしょうか?

そもそも、婚姻破綻と言えるのは「夫婦が婚姻継続の意思を失っており、婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」です。
そして、前者の典型例は夫婦双方が離婚に合意していることです。
また、後者の典型例は離婚を前提とした別居をしている等です。

詳しくは→こちらの婚姻破綻とはを参考にされてください。

「うまくいっていない」「離婚したい」と聞かされていた場合

判例

一般的に請求する側もある程度調べてから行動を起こしますので、上記判例を知っていることが多いです。
そのため、離婚を前提とした別居後の不貞行為に対して請求することはあまりありません。

実務上でよくあるのは、夫婦は同居しているものの、相手方から「妻とはうまくいっていない」「離婚したいと思っている」などの話を聞かされていた場合です。

しかし、口では何とでも言えるのですから、この話だけで婚姻破綻を主張すること自体に無理があります。
また、「同居していながらも婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」とまで言えるのは、長期間性交渉がなく、食事や寝室も別、会話もないような状態です。

性交渉があったことや、家族で出掛けていた

怒り

よって、例えば定期的に性交渉があった、休日は家族で頻繁に出かけるなどの事情を主張することによって不倫相手の主張は崩せます。

他にもマンションを購入しようとしていたなど、「婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」になかったことを主張すれば良いのです。

ポイント

ここがポイント!


婚姻関係は破綻していたという不倫相手の主張には、それを否定する事実関係を挙げて崩す。

ご主人(奥様)を既婚者と知らなかった

法律

配偶者の不倫相手に慰謝料支払義務が生じるのは「故意または過失」がある場合のみです。

故意とは配偶者のことを既婚者と知っていること、過失とは配偶者のことを不注意で既婚者と知らないことです。
そして、この故意か過失のいずれかがなければ、不倫相手は損害賠償責任を負いません。

そこで、不倫相手は「ご主人(奥様)を既婚者と知らなかった」と言い訳することことがあります。

過失がある点を追及する

疑問

では、このような言い訳に対してはどのように対応すればいいでしょうか?

まず、このような主張をする不倫相手は、本当に配偶者を既婚者と認識していなかったことが多いです。
そのため、実務上故意のことはあまり問題となりません。

問題となるのは、過失によって知らなかったかどうかです。
これについては、配偶者を独身であると信じたことが一般的な社会人の注意力からして無理もないと認められる場合に限り、過失がないと言えます。

そして、よくある事例は、配偶者が既婚者であることを隠して不倫相手と交際していたケースです。
このようなケースでは、年齢等からして独身者であることが明白である場合などをのぞけば、配偶者が既婚者であるかどうか確かめもせずに関係を持ったことに過失があるとされる可能性があります。

既婚者と確かめなかったことが過失

怒り

よって、「たとえ貴方が夫(妻)を既婚者と知らなかったとしても、夫(妻)を既婚者かどうか確かめなかったことに過失があるから、慰謝料を支払え」という具合に返すことで、不倫相手の主張は崩せます。

ポイント

ここがポイント!


既婚者と知らなかったという不倫相手の主張には、少なくとも過失がある点を追及する。

慰謝料が発生する意味が分からない

法律

このようなサイトをご覧になられる人は、ある程度不倫についての法律知識を有していて「不倫をすれば慰謝料の問題が生じることがある」と理解されていると思います。

しかし、中には「不倫の何が悪いの?」「好きになった人がたまたま既婚者だっただけ」「なぜ慰謝料を支払わなければならないか分からない」というような言い訳をする人も実際にいます。

当事務所がご相談を受けてきた中では、特に若い女性に多いように感じます。

話にならないので速やかに調停や訴訟を提起

疑問

では、このような言い訳に対してはどのように対応すればいいでしょうか?

このような言い訳をする人に「不貞行為は民法709条の不法行為に該当するから、貴方には損害賠償責任が生じている」などと説明したところで、ほとんど理解しようとしません。

理解しようとしないというより、理解することができないと言ったほうが正確かもしれません……

裁判

ですから、最初は損害賠償責任が生じている旨を記載した内容証明郵便等を使用して慰謝料を請求しても良いでしょう。
しかし、それでも「不倫が悪いと思わない」「慰謝料が発生する意味が分からない」というような言い訳を続けるようでありましたら、当事者間での解決を模索しても時間の無駄です。

頭がおかしい、常識が通用しないと判断

怒り

「この人は頭がおかしい」「常識が通用しない」と判断して、速やかに調停や訴訟等に進まれたほうが良いでしょう。

ポイント

ここがポイント!


常識が通用しない相手とは協議しても時間の無駄なので、速やかに法的措置をとる。

求償権の行使を匂わせて減額を求められたら?

もっとも、不倫相手の主張を崩すことによって支払い自体には応じたとしても、減額を求めてくることは多々あります。
そのひとつの方法として求償権の行使を匂わせて減額を求めてくることがありますが、そのような場合はどのように対応すれば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(求償権行使を匂わされた場合の対応)で説明しております。

請求する人の人気記事

求償権の行使を匂わされたらどうしたらいいの?

請求が失敗するのはどのようなタイプの人?

不倫相手と別れされるにはどうしたらいいの?

請求せずに解決するにはどうしたらいいの?

不倫相手だけに払わせることはできるの?

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ