不倫の被害者は誰?

常識的な観点と法律の観点による被害者の相違

謝罪

不倫・浮気の慰謝料に関する相談を数多くお受けしておりますと、「誰が不倫・浮気の被害者であるか」という点について理解されていない方(あるいは理解していても受け入れられない?)が多いようです。

なぜこの点を理解されていない方が多いかは、常識的な観点からと法律的な観点からの被害者は異なるからだと思います。

常識的な観点からの被害者

後悔

「被害者=精神的な苦痛を受けた人」とすると、常識的な観点からのほうが、法律の観点からよりも多くの被害者が生じることになります。

例えば、父親(母親)に不倫をされた子供がある程度の年齢に達していて、不倫という行為を理解できるのであれば、少なからず精神的な苦痛を受けることもあるでしょう。
また、義理の息子(娘)に不倫をされたことで実の娘(息子)が苦しんでいる姿を見れば、その親もまた精神的苦痛を受けると思います。

他にも、不倫相手から突然別れを切り出されたことによって精神的苦痛を受けた不倫の当事者もいるでしょう。

確かに、上記例のような人々は、常識的な観点からすれば不倫の被害者と言えるでしょう。
しかし、法律の観点からの被害者とは言えないのです。

ポイント

ここがポイント!


子供や親は不倫の被害者とはならない。

法律の観点からの被害者

疑問

では、法律の観点からの不倫の被害者とはどういう人なのでしょうか?

それは「不倫をされたことによって、その精神的損害を慰謝すべき法的保護に値する人」と言えます。

ここでは「法的保護に値する=慰謝料請求権を有する」とお考えいただいて結構です。

法律

原則として、配偶者に不倫をされた人は、不倫相手に対して慰謝料請求権を有する(既に婚姻関係が破綻している場合や不倫相手が既婚者と知らずに関係を持っていた場合等は慰謝料請求権を有しません)ことになります。

その理由は不倫をされたことによって、平穏な婚姻生活を送る権利が侵害されており、その権利は法的保護に値するからです。

これに対して、父親(母親)が不倫をしていた子供が精神的な苦痛を受けた場合や、義理の息子(娘)に不倫をされたことで実の娘(息子)が苦しんでいる姿を見て精神的苦痛を受けた親の場合は、原則として法的保護に値するとは言えません。

そのため、父親(母親、あるいは義理の息子や娘)の不倫相手に対して、慰謝料請求権を有するものではありません。

ポイント

ここがポイント!


法律的な観点からの不倫の被害者は、配偶者に不倫をされた人のみ。

被害者にあたらない人

不倫関係を一方的に解消された人

当事務所によく寄せられるご相談で、不倫相手に一方的に交際を止められたことによって精神的苦痛を受けたので、慰謝料を請求したいというものがあります。

お話をお聞きすれば確かにその不倫相手は酷い男性(女性)であり、相談された方が非常にショックを受けたことはよく分かります。

法律

しかし、原則として、このような不倫をしていた当事者は被害者にあたらないのです。

なぜなら、そもそも不倫関係は公序良俗に反するものであって、その関係が一方的に解消されたことに対して法的保護を与えてしまえば(慰謝料請求権を与えてしまえば)、一般的な倫理観や社会常識を覆すことになるからです。

よって、不倫相手に一方的に別れられた当事者は、いわば高校生などの男女交際と同じであり、どんなに酷い別れ方(メール一通でサヨナラなど)をされたとしても、その相手に慰謝料を請求する権利はありません。

もちろん、不倫関係にある間に殴られたなどの事情があれば、その殴られたことに対して慰謝料を請求することは可能です。

女性の一番いい時期を費やした人

不倫相手である男性に女性の一番いい時期を尽くしてきたのに、突然一方的に別れを切り出され、その時には既に婚期を逸していたことに対して、不倫相手の男性に責任を取ってほしい(慰謝料を支払ってほしい)というご相談もよくお受けします。

疑問

このような場合に慰謝料は請求できるのでしょうか?

確かに、女性の一番いい時期(20代ぐらい?)を費やしたことによって婚期を逃すなどをしたことは同情に値するとも思えます。

しかし、これも上記の「不倫相手に一方的に別れられた人」と同様に、そもそも不倫関係は公序良俗に反するものです。

そのため、女性の一番いい(と思われる)時期を不倫相手の男性に費やして婚期を逸したとしても、そのことに法的保護を与えられることはありません。

ポイント

ここがポイント!


不倫相手に一方的に別れられたり、不倫によって婚期を逃したとしても慰謝料請求はできない。

結婚しようと言われていた人

例えば、不倫相手の男性が「妻とは離婚したいと思っているし、君と結婚したいと思っている」などと言って、その言葉を信じて待っていたとしても同じです。

これは原則として(不倫相手夫婦の婚姻関係が完全に破綻している場合は別です)婚約にも該当しません。

法律

なぜなら、日本の法律は重婚(同時に複数の人と結婚すること)を禁止しているので、配偶者がある人との婚約は原則として成立しないからです。
詳しくは→こちらの既婚者との婚約を参考にされてください。

なお、これは私個人の考えですが「妻と別れて君と一緒になりたい」などと言う男性は、そもそも信用するに値しないでしょうし、そういうことを言う男性に限って離婚もせずにフラフラしているように感じます。

本当に奥さんと離婚して、不倫相手の女性と結婚したいならば、さっさと離婚しているはずです!

ポイント

ここがポイント!


結婚の約束をしていたとしても、その約束は無効。

なぜ私だけが請求される?

しかし、相手方夫婦が離婚しない場合は、配偶者に請求することはなく、その不倫相手にだけ請求してきます。
配偶者は請求されず何らの痛みも負わないのに、なぜ不倫相手だけが慰謝料を請求されるのでしょうか?
それについては→次のページ(なぜ私だけが不倫の慰謝料を請求されるの?)で説明しています。

請求された人の人気記事

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

なぜ私だけが請求されるの?

妥当な慰謝料額をどう伝えればいいの?

不倫の謝罪文とはどのようなもの?

請求された後に不倫相手と接触していいの?

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ