不倫相手だけに慰謝料を支払わせることができるか

行政書士工藤慎一郎

このページの内容

不倫相手への慰謝料を夫が肩代わりしようとする場合において、それは法律的に許されるのか、阻止できるか、阻止する方法、阻止できなかった場合の考え方

不倫相手から慰謝料を取りたい

えば、夫の不倫相手に慰謝料を請求したところ、100万円を支払うということで合意に達したとします。しかし、その100万円は、不倫相手個人の預貯金等から支払われるのではなく、実は夫が不倫相手へ事前に100万円を渡しておいて、単にそれが支払われただけのような場合を考えてみてください。

この場合、形の上では不倫相手から妻に慰謝料が支払われていますが、その実質は夫から妻へ支払われただけです。つまり、夫婦間で金銭をやり取りしただけであり、不倫相手の懐は一切痛んでいないことになります。

また、上記のように裏でこっそりと夫が不倫相手にお金を渡すだけでなく、堂々と「俺が全額支払う!」と妻に宣言し、本当にそれを実行する人がいます。

不倫が原因で離婚に至る場合

上記のようなことが行われたとしても、その不倫が原因で婚姻関係が破綻し、夫婦が離婚に至るのであれば、そこまで気にする必要はありません。

なぜなら、離婚に至るということは、夫婦の財産は全く別物になるため、「私の家のお金が私に支払われただけ」ということにはならないからです。

もっとも、夫の不倫相手に経済的なダメージや、痛みを与えられなかったというもやもや感は残るかもしれませんけどね。

不倫があったとしても婚姻を継続する場合

一方、不倫という事実があったからといって、必ずしも離婚に至るわけではなく、婚姻継続という選択をする夫婦も多くいます。

このような選択をした人にとっては、夫が不倫相手に裏でこっそりとお金を渡して、そのお金で妻への慰謝料が払われた場合や、堂々と夫から妻へ慰謝料が払われた場合は問題です。

というのも、夫の不倫相手に経済的なダメージ等を与えられないだけでなく、「私の家のお金が私に支払われただけ」ということになるからです。

厳密に言えば、夫婦別産制と言って夫婦の財産は別なのですが、多くの夫婦は事実上財布を共有しているでしょうから、自分で自分に自分の慰謝料を払っているようなものです。

法律上許されるのか?

のように、不倫があったとしても婚姻を継続する場合においては、夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりすることは、不倫の被害者である妻にとって好ましくありません。

不倫の慰謝料は不真正連帯債務

不倫の慰謝料は不真正連帯債務とされております。

不真正連帯債務とは、通常の連帯債務ではひとりの債務者に生じた事由が他の債務者に生じる事由であっても、他の債務者には影響を与えない連帯債務を言うのですが、こんなことは覚える必要も理解される必要はありません。

そこで、不倫の慰謝料は「夫と不倫相手の連帯債務なんだ」と思っておけば良いです。

そして、連帯債務は各債務者が全額についての義務を負い、それを連帯して支払う必要があります。ここで言う各債務者とは、夫と不倫相手ですね。

そのため、夫の不倫相手に請求した慰謝料は、不倫相手が支払っても良いし、夫が払っても良いのです。

したがって、夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりすることは、不倫の被害者である妻にとって好ましくはないものの、法律的には何の問題もないということになります。

行政書士工藤慎一郎

ここがポイント!


夫(妻)が不倫相手が支払う慰謝料を肩代わりすることは法律上何の問題もない。

ポイントその2へ

阻止する方法

っとも、例え夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりすることが法律的には何の問題もないとしても、不倫の被害者である妻にとって好ましくないことには変わりありません。

法律的には無理

上記のように、このような肩代わりは法律的には何の問題もない以上、それを阻止することも法律的には無理です。

事実上の阻止

法律的に、不倫相手の慰謝料を夫が肩代わりすることが不可能であれば、次に検討すべきは、事実上そのような肩代わりを阻止することです。

このことについては、それほど難しく考える必要はありません。

夫の自由になるお金を押さえてしまえば良いのです。夫の自由になるお金さえなければ、不倫相手の慰謝料を肩代わりすることはできませんからね。

具体的には、通帳やキャッシュカード、クレジットカードなどを没収というか、一時的に妻が預かってしまうわけです。

もちろん、そのようなことには夫の抵抗も予想されます。

しかし、そもそも不倫をするには基本的にお金がかかります。デート代や食事代、ホテル代などですね。

ですから、実際は夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりすることを阻止することが目的であっても、「お金がなければ不倫なんてできないでしょ?」という具合に、再度不倫をすることを防止するという理由であれば、夫も通帳等の一時的な預かりに応じる可能性があります。

行政書士工藤慎一郎

ここがポイント!


夫(妻)が不倫相手の慰謝料を肩代わりすることを阻止する法的手段はないが、自由に金銭を使えないようにすることで事実上阻止できる可能性はある。

ポイントその3へ

考え方を変えてみる

かし、やはり夫が通帳等の一時的な預かりを拒否することも考えられ、結局は夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりしてしまうこともあり得ます。

このような場合は、もはやどうこうできる問題ではなくなりますので、ここは考え方を変えてみることをお勧めします。

多くの男性は逃げる

これは男性に限った話ではありませんが、不倫をした人の多くは自分だけ助かろうとします。

例えば、妻に不倫が発覚し、妻から夫の不倫相手の女性に慰謝料が請求された場合、その不倫相手の女性はまず夫に相談します。「こんな内容証明郵便が奥様から届いたけど、どうしよう?」という感じですね。

それに対して、夫は「俺は何もできないよ」「請求されたのは君だから自分で何とかして」というように、自分だけ助かろうとするわけです。

酷いときには、妻の請求に積極的に加担します。これも自分だけは助かりたいという一心からの行動でしょう。「妻とは離婚したいと思っている」とか「君が一番大事」などと適当なことを言って不倫関係を持ったにも関わらず、いざ妻に不倫が発覚したら手のひらを返すのです。

個人的にこのような男性はクズだと思っていまが、そこまで思われないにしても多くの人からすれば、人してどうよ?という感覚は持たれるのではないでしょうか。

人としてまだマシ

確かに、不倫は道義的に許される行為ではありませんし、法的には民法709条の不法行為に該当する行為で、不倫をした人間は非難されてしかるべきでしょう。

しかし、上記のように多くの男性は自分だけ助かろうとして、不倫相手を見捨てて逃げます。そして、そのような男性は人間的にいかがなものかと思うのが普通の人の感覚ではないでしょうか。

そうだとすれば、不倫の被害者である妻にとっては決して好ましくないものの、夫が不倫相手の慰謝料を肩代わりするという形で、自分の責任を負うという行為は、人してまだマシだと考えることも可能です。

このように考えれば、肩代わりを阻止できなかった場合であってもある程度の諦めはつくでしょうし、婚姻関係を修復するモチベーションにもなるのではないでしょうか。

行政書士工藤慎一郎

ここがポイント!


万が一、夫(妻)が不倫相手の慰謝料を肩代わりしたら、人としてまだマシだと思えば良い。

次のページ(配偶者から念書を取る)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ