慰謝料の支払いを肩代わりしてもらう

謝罪

行政書士

ここでは、請求された慰謝料を不倫相手の男性に支払わせることについて検討しましょう。

質問

どういうことでしょうか?

行政書士

例えば、既婚者の男性と不倫をした女性が100万円の慰謝料を請求された場合に、その100万円をその既婚者の男性に支払わせるということです。

このような形であれば、慰謝料を請求された人の経済的損失は回避できます。

行政書士

つまり、相手男性に慰謝料の支払いを肩代わりしてもらうのです。

問題点

質問

そのようなことをすることに問題はないのですか?

行政書士

問題が生じる可能性があることとして、以下のふたつが考えられます。

  1. 法律上の問題
  2. 請求者の感情の問題

法律上の問題

行政書士

まず、法律上の問題についてです。

不倫の慰謝料は不真正連帯債務

行政書士

そもそも、不倫の慰謝料は、加害者が連帯して支払うもので、法律的には不真正連帯債務というものにあたります。

そのため、請求された慰謝料は、加害者のいずれかが支払えば良く、その分担割合も加害者間で自由に決定できます。

例えば、その事例における慰謝料額が100万円であるとした場合、加害者のいずれかが全額を支払っても、あるいは50万円ずつ折半しても、一方が10万円・他方が90万円を支払っても構わないのです。

行政書士

したがって、請求された慰謝料を不倫相手の男性に支払わせることに、法律上の問題は一切ありません。

請求者の感情の問題

行政書士

もっとも、法律上の問題はないにしても、請求者の感情の問題が起こり得ます。

困惑

確かに、「私はあなたに請求したのよ!」となりそうですね……

行政書士

そうですね。
そして、請求者がそのような感情を持った場合、問題の解決が難しくなる可能性があります。

質問

どういうことですか?

行政書士

例えば、「実際に慰謝料を支払うのが夫であるなら、和解なんてしない!」というような感じです。

悲しみ

それも困ります……

知られなければ良い

行政書士

そうすると、実はそのお金を夫が出したとしても、それを知られなければ良いわけです。

質問

どういうことですか?

行政書士

要するに、請求された人が支払ったという形にしてしまえば良いのです。
具体的には、慰謝料自体は相手男性が出しているものの、形の上では請求された人が支払っているということにするのです。

相手男性との問題

質問

でも、相手男性が慰謝料を出してくれるのでしょうか?

行政書士

これはその相手男性によるとしか言えないのですが、説得してみる価値はあるでしょう。

肩代わりに応じない場合

質問

説得してみて拒否された場合はどうすれば良いのですか?

行政書士

その場合は、自らの資金で支払わざるを得ません。
そこで、求償権を行使しないことを約束して減額してもらうか、相手男性に求償権を行使して経済的損失を少なくするしかないです。

なお、求償権については→こちらのなぜ私だけが不倫の慰謝料を請求されるの?→こちらの求償権に関する間違った主張を参考にされてください。

肩代わりに応じる場合

質問

では、説得してみて肩代わりに応じてもらえれば問題ないのですね?

行政書士

ところが、問題は他にもあるのです。

質問

どのような問題があるのですか?

先にもらう場合

行政書士

まず、先にお金をもらう場合は、特に問題ありません。
そのもらったお金を請求者に支払えば良いだけですから。

なるほど

確かに!

後からもらう場合

行政書士

一方、後からもらう約束をしている場合は、他の問題が生じ得ます。

質問

どういう問題でしょう?

行政書士

この場合、まずは自分のお金で支払った後、相手男性からそれと同額を後日支払ってもらうわけですが、それが必ずしも支払われるとは限りません。

質問

確かに……
支払ってもらう可能性を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

行政書士

支払ってもらう可能性を高めるためには、相手男性との間で契約書を作成することです。

質問

契約書?

行政書士

はい。
いつまでに、いくらを支払うかを明記した契約書を作成し、それが仮に分割になるのであれば、その契約書を原案に公正証書を作成しておけばより安心です。

なお、契約書の作成については→こちらの不倫の示談書作成が参考になります。
また、公正証書の作成については→こちらの不倫の公正証書作成が参考になります。

既婚者と知らなかった場合の慰謝料

このページでご説明した「慰謝料を相手男性に支払わせる」という問題は、相手男性を既婚者と認識していたことが前提です。
しかし、相手を既婚者と認識すらせずに交際していたという事例も多々存在します。
そこで、そのように相手を既婚者と認識せずに交際していた場合であっても、慰謝料は発生するのでしょうか?
それについては→次のページ(既婚者と知らなかった場合の慰謝料)で説明しています。

請求された人の人気記事

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

なぜ私だけが請求されるの?

妥当な慰謝料額をどう伝えればいいの?

不倫の謝罪文とはどのようなもの?

請求された後に不倫相手と接触していいの?

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る